スポンサーリンク
音楽

派手なギターバトルを聴くならこれ!映画『クロスロード』

映画『クロスロード』は、1980年代にハードロックやヘビーメタルといった音楽がトレンドだった時代の映画。タイプの違うふたりのギタリストがくり広げるギターバトルのシーンが圧巻!映画は有名なクラシックやブルースの曲をギターをとおして音楽のカッコよさが堪能できます。
アクション

文法から学べる英語『オール・ユー・ニード・イズ・キル/All You Need Is Kill』

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は映画化にあわせてタイトルが変更されている。果たして元のタイトルは英語フレーズとして正しいのだろうか?本記事ではタイトルやセリフから学べる英語フレーズの意味や文法を解説します。また、映画はストーリーのなかでものごとを習得するうえで反復練習の大切さを教えてくれます。
コメディ

『ジョジョラビット』苦境の戦時下でも希望がわいてくる最後の言葉

『ジョジョラビット』では、ひとは間違うことがあるからこそ希望をもって人生をまっとうするまで進んでいけるということが描かれています。 苦境な戦時下において絶望的な場面に出くわしたとしても、そこが最後ではないと教えてくれるセリフや詩の世界を紹介。
ドラマ

リズム感を身につけよう!『サウンドオブミュージック』セリフに学ぶ英語

ミュージカル映画『サウンドオブミュージック』に登場する「ドレミの歌」やセリフをお手本にして英語の持っているリズム感を身につける。最初に意味が分からなくとも英語の歌を覚えて音だけでも口ずさめるようになってくると英語を話すときのリズム感も身についてきます。
コメディ

『やっぱり契約破棄していいですか!?』ブラックコメディーに学ぶ日常英会話

人生に絶望して小説家が初めて希望を見いだした。しかし、彼はその前に一週間以内に自分を殺してくれるよう殺し屋と契約したばかり。一方、殺し屋も営業成績がギリギリでリストラ寸前で切羽詰まった状況だった。かくして2人は互いの利益を守ることができるだろうか。
ドラマ

アクセントの違いが面白い!実話を映画化した『ブラッククランズマン』に学ぶ英語

実話をもとに映画化した作品『ブラック・クランズマン』テーマはシリアスな人種問題を扱っている。しかし、映画は人種問題にかけて英語の発音(アクセント)のしかたについてもストーリーを盛り上げていくためのひとつの要素になっている。本記事は英語のアクセントにフォーカスした記事である。
アニメ

ブリティッシュロックが聴ける映画『ミニオンズ』でマニアックな英語通になろう!

ブリティッシュロックがたくさん聴けるアニメ映画『ミニオンズ』。マニアックなミニオンズが1960年代のニューヨークやロンドンでやりたい放題。ブリティッシュロック全盛だった頃の英語で聞くマニアックな若者言葉が学べる。
ドラマ

『ラストターゲット』を彩る3カ国の女優:いろいろな英語が聞ける

『ラスト・ターゲット』でジョージ・クルーニーは渋い演技でストーリーをけん引していきます。そして共演したヨーロッパ女優の三人イリーナ、クララ、マチルデは主演ジョージ以上に存在感があり映画の魅力をひきだしています。英語圏以外の英語がどのように話されるというところも映画の魅力です。
アクション

『ガントレット』銃撃シーンが見どころ!映画に学ぶ英語フレーズ 

『ガントレット』は、壮絶な銃撃のシーンが見どころのクライム・アクション・ムービー。本記事ではタイトル英語の解説や日常英会話で使えるショートフレーズを紹介しています。
パニック・ホラー

『宇宙戦争』レイチェルが叫ぶ病気の様はイライラするけど迫真の演技

トム・クルーズ主演の『宇宙戦争』から英語フレーズを紹介。娘役のダコタ・ファニング扮するレイチェルはエイリアンの攻撃に恐怖心から発作を起こしてしまう。レイチェルの病気の様はまさしく迫真の演技といえる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました