「老人と海」挫けそうなときに効く名言に学ぶ英語フレーズ

ドラマ
スポンサーリンク

若いころ、大きな仕事をして実績を残したひとほど力が衰えてきたときはひどく落ち込むというのがよく聞く話ではないでしょうか。

若さはいつの日か消えるもの。しかし、大事なのは心に若さを持つこと!

世界的なベストセラーになり40カ国以上で翻訳された『老人と海』は、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイによる短編小説。1952年に出版された本作は1954年にはノーベル文学賞を受賞しています。

1958年に公開された映画『老人と海』では、サンチャゴ老人の独り言とナレーションを通して自然とたたかう人間の我慢づよさが描かれています。

今回の記事では、名言を解説するにあたって『老人と海』のあらすじ、英語のセリフそして映画の感想を紹介しながら作品に学ぶ名言を紹介します。

Production Companies
Leland Hayward Productions
Warner Bros. 出典:IMDb

The Japan Times Alpha は、日本語による注釈や解説がついているので楽しみながら生きた英語を学べ、無理なく自分のペースで続けられます。

「Life & Culture」に解説されている「シネマ倶楽部」は映画のセリフをとおして英語が学べとてもおすすめです。

老人と海 あらすじ

かつて漁の名手としてキューバでは名の知れた漁夫サンチャゴ。しかし、ときの流れとともに腕もおとろえ運からも次第に見放されたのか長いこと不漁続きな日々を送っていました。

サンチャゴの船にはマノーリンという少年が同乗し、老人とともに漁をしていましたが、マノーリンの両親はサンチャゴなどもう終わった人間だと見かぎり少年に別の船に行くように命じました。

Production Companies
Leland Hayward Productions
Warner Bros. 出典:IMDb

「親方」の船で腕を上げていくマノーリンでしたが、漁について様々なことを教えてくれたサンチャゴを慕い、食事の差し入れなどをしてサンチャゴを気づかっています。

一方で、かつては腕のいい漁師だっただけに、84日間も不漁がつづいていたこともあり、サンチャゴはもう運に見放された男だと仲間からは馬鹿にされています。

当のサンチャゴも年齢や勘のにぶりを感じつつも長い不漁にめげず、たったひとり小舟に乗り出漁します。そしていつもよりも沖で残り少ない餌で漁をするなかで、とてつもなく大きなチャンスが巡ってきます・・・巨大なカジキマグロがかかったのです。

じぶんの船よりも大きな獲物に歓喜するサンチャゴですが、簡単に仕留めるにはあまりに巨大で手ごわい相手です。

4日にわたり死闘をくりひろげ、ついに獲物をしとめたものの、巨大なカジキマグロは船にのせられず船にくくりつけて運んだため血の匂いを嗅ぎつけたサメに襲われ港につくころには頭と骨だけになってしまいました。

かつての勇姿をとり戻せたかに思えたサンチャゴでしたが、たったひとりで挑んだ自然はあまりに強力で厳粛だったと思い知らされます。

しかし、失ったものは大きかったけれど満足できた出来事でもあり、サンチャゴを慕うマノーリンにも人間あきらめずに行動を起こすことが例えそれが無に終わったとしても成長につながるということを伝えられたのです。

老人と海 名言に学ぶ英語フレーズ

人生はどちらかというと大変なことの方が長いものかもしれません。

そんな時でもめげずに進んでいくことは簡単ではありません。映画の中でもそんな状況が描かれています。

Everyday Is A New Day

不漁続きで漁師仲間にも笑われていたサンチャゴ。しかし、ときの運というのはいつなんどき変わるかもしれないと自分に言い聞かせます。

Only I have no luck any more. But who knows? Maybe today. Everyday is a new day. It is better to be lucky. But I would rather be exact. Then when luck comes you are ready.

ただ、どうやらおれは運に見放されたらしい。いや、そんなことわかるものか。きっと今日こそは。とにかく、毎日が新しい日なんだ。運がつくことに越したことはない。でも、おれは何より手堅くいきたいんだ。それで、運が向いてくれば、用意はできるっていうものさ。

Everything About Him Was Old Except His Eyes

さきの見えない状況でもねばり強くまちつづけたことが幸運をよび巨大な獲物がかかったときはサンチャゴも興奮のあまり心の底に眠っていた力をふたたび感じます。

こういう瞬間というのは人間だれしもが興奮するのではないでしょうか。映画ではサンチャゴが希望をとりもどす気持ちをナレーションを通して描いています。

カジキマグロが掛かったことで生気がみなぎるサンチャゴ老人  出典:IMDb

Everything about him was old except his eyes, and they were the same color as the sea and were cheerful and undefeated.

サンチャゴはどこから見ても老人しか見えませんでした。しかし、彼の眼だけはちがっていました。それは海のごとく青く、勢いがあり何ごとにも動じないものだったのです。

Think Of What You Can Do

大きな獲物をとらえたものの、小さな船に老人がひとりきりでは勝ち目はないと思われました。しかし、ここでもサンチャゴは何としてもこの獲物をつかまえるという気持ちをふるい立たせます。

Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

Not Made For Defeat

カジキマグロも力をふり絞って逃げようとします。しかし、サンチャゴは素手に傷をおいながら叶いそうにない相手を前にしても絶対にあきらめないという強い気持ちが表されています。

But man is not made for defeat, he said. A man can be destroyed but not defeated.

人間は、負けるように造られてはいないんだ。殺されることはあっても、負けることはないんだ。

読むほどに新しい発見があります。歳を重ねるごとに読みたくなる本です。

老人と海 感想

登場人物はサンチャゴとマノーリンのふたりですが、海にでるとそこではさらに鳥たち、トビウオ、カジキと人間だけでなく自然界の生きものがあわさってストーリーが進んでいきます。

たった一人ということもあり、あらゆる出会いに対して人間言葉で話しかけているサンチャゴが孤独とどう向き合っているのかが興味深いところです。

カジキマグロが掛かったときなどはカジキにも敬意をはらい相手を弱らせるまでの間ずっとカジキに話しかけています。

これに似たシーンは映画『ジョーズ』にもありました。

餌にかかったサメに船長が語りかけるシーン。サメとの駆け引きですね。これは『老人と海』ととても似ていると思いました。

また、サンチャゴはカジキマグロと戦うときに神に対して祈りをささげ、仕留めたときはサンチャゴはここでもカジキを殺したことにたいして神に懺悔をしてから船に括りつけています。

スポーツマン精神に則ってではありませんが、漁でカジキマグロを捉えたときというのはとても神聖なもののように描かれていますね。

じっさい、『老人と海』について記事をいくつか読んでいくと物語はキリスト教のモチーフがつかわれているという解釈もありました。

サンチャゴの回想シーンでは、若いころ腕っぷしのつよい黒人との腕相撲に勝ったときのことやアフリカでみたライオンが出てきます。これはサンチャゴ老人が自分のチカラをふり絞るためのモチベーションだったはずです。

ライオンのシーンは最後にサンチャゴ老人の夢にふたたび出てきます。もう戻ることのない力強かった時・・・何とも切ない気持ちにさせられます。

まとめ

『老人と海』のあらすじ、英語のセリフそして映画の感想を紹介しながら作品に学ぶ名言を紹介しました。

先日、バブル全盛だった1980年代に株の取引で大きく稼ぎ「兜町の風雲児」と言われた人物の訃報がニュースでやっていました。

ニュースによると、亡くなった方も生活保護をうけないと暮らせないほど落ちぶれてしまった人生において最後までかつての自分を取り戻そうと逆転劇を目論んでいたそうです。

『老人と海』もサンチャゴ老人がカジキと出会うのは、漁師としての名誉をとりもどす勝負どころでした。しかし、捕まえたカジキは港に戻る途中、サメにほとんど喰われてなくなってしまいました。

そういう点では『老人と海』も「兜町の風雲児」の話も人生の残酷さを象徴しているかのように感じましたね。

ただし、サンチャゴ老人はすべてを失ったように見えて、実は彼を慕っていた少年マノーリンに希望という価値のあることを残してあげることができたに違いありません。

タイトルとURLをコピーしました