『アダムスファミリー』こどもから大統領まで人気の取引に使う英会話

ハロウィン コメディ
スポンサーリンク

作り上げられた社会のルールや一般常識の中に馴染めない人たちもいます。といっても、誰かに迷惑を掛けるわけでもなく自分たちなりに楽しくやっている。

アダムスファミリーを観ていると、彼らのほうが真っ当な人生を送っているような気さえしてきます。

今回は映画『アダムスファミリー』1&2を通して、こどもから大統領までが使う人気の英会話フレーズやシュールながらも家族愛が感じられる英会話を紹介します。

Production Companies
Orion Pictures
Paramount Pictures (presents)
Scott Rudin Productions
出典:IMDb

こどもから大統領までよく使う英会話フレーズとは

アダムスファミリーは巨万の富をもつ大富豪でしたが、顧問弁護士とその仲間たちの悪巧みによって財産を奪われてしまいます。文無しになってしまった一家は安宿で暮らすことに…。

少しでも家族の足しになればと長女のウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)と長男パグズリー(ジミー・ワークマン)は宿の近くで自家製レモネードを売り出します。

そこにガールスカウトがやってきて自分のクッキーとレモネードを物々交換しようと提案。

ガールスカウトはウェンズデーたちをどこか見下したような言いかたで

Do we have a deal? 

それで手を打たない?

引用:アダムスファミリー

っと、持ちかけます。

Are they made from real Girl scouts?

ガールスカウト:

Is this made from a real lemon? それって本当のレモンで作ったの?

ウェンズデー:

Yes. そうよ。

ガールスカウト:

I only like all-natural foods and beverages, organic grown, with no preservatives.   Are you sure they’re real lemons? 

わたしは添加物が入っていないオーガニック系の食べ物とか飲みものしか好みじゃないの。それって間違いなく本物のレモンから作ったんでしょうね?

パグズリー:

Yes. そうだよ。

ガールスカウト:

Well,  I tell you what.  I’ll buy a cup if you buy my delicious Girl Scout cookies.  Do we have a deal?

それじゃこうしない?!わたしのデリシャスなガールスカウト・クッキーをひと箱買ってくれたら私もレモネード一杯いだだくわ。

引用:アダムスファミリー

小生意気な提案してくるガールスカウトにウェンズデーがシュールな質問でやり返します。

ウェンズデー:

Are they made from real Girl Scouts?

それって本物のガールスカウトで出来てるの?

引用:アダムスファミリー

質問に答えられず、悔しそうにさっていくガールスカウト。「それって本物なの?」というのが両者が聞いている質問の本質ですが、ガールスカウトをクッキーの成分として皮肉るウェンズデーが笑えます(^_^;)

表現はシュールながら愛情たっぷりな英会話

こちらは『アダムスファミリー2』でのワンシーン。アダムスファミリーのフェスタはファミリーで一番の実業家であり大富豪。独身であるフェスタの資産と保険金を狙う乳母デビーの策略によりウェンズデーとパグズリーはサマーキャンプへと追いやられてしまいます。

さて、サマーキャンプ・チペワにやってきたアダムスファミリー。陽気で必要以上に大袈裟な明るさがアダムスファミリーには最初から馴染めない雰囲気です。

そこにガールスカウト役で登場した女の子がアマンダ・バックマンとして自己紹介してきます。

Addams Family Values (1993) – Camp Chippewa

アマンダはウェンズデーにどうして葬式に行くような恰好しているのかと聞くと「誰かが死ぬのを待ってるの」と答えたり、初対面から合わない2人。

そこにアマンダの両親も現れウェンズデーとパグズリーの両親に挨拶します。

この子にあって、この親あり。そんな言葉がぴったり会いそうなアマンダの両親は学校の豪華な施設だったりでどんな教育を受けるのかということにはさほど関心がない様子。

自分の娘は飛び級で進学できたほど優秀な子であると押し付け気味にウェンズデーとパグズリーの前で話しています。

ところで、あなたの息子さんはどうですか?

と上から目線で聞かれたときのパパの返事が最高です。

Probation.

(息子は)保護観察です!

引用:アダムスファミリー

ここで堂々と「保護観察です!」と息子を抱き寄せて言うところに父親としての愛情と誇りを感じられて仄々します。

まとめ

アダムスファミリーは少し変わった家族だけれど、愛情はたっぷりあって子供たちもシュールなセンスを持ちながら無表情にたのしく毎日を送っているところがそっとしておいてあげたくなるステキなファミリーです。

こどもながらに、DealやProbationなど大人びた単語が出てくるところもシュールで何故かしら仄々した気持ちにさせてくれる不思議な魅力をもっています。

英語学習というよりも今回は英語のヒビキを通じて学ぶシュールギャグの雰囲気を学ぶというが良かったかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました