『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ジョージに学ぶ口説き文句

SF

気になるあの子をデートに誘いたい。

そんな時に女の子が聞いたら喜びそうな口説き文句を前もって練習しておくと心強いですね。

今回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するジョージ・マクフライがヒロインのロレインを誘うシーンから女性が聞いたらキュンとくるピック・アップ・ラインを紹介します。

 

Back To The Future

(c) Universal Studio

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』プロット

時は1985年。マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)はミュージシャンなることを夢見ながらカルフォルニア州ヒルバレーの高校に通っています。

ガールフレンドとの交際も順調で父ジョージ・マクフライ(クリスピン・グローヴァー)と母、兄妹と平凡な毎日を送っていました。

しかし、そんな毎日も突然に終わりがきます。

マーティの友達で変わり者のエメット・ブラウン博士(クリストファー・ロイド)ことドクが作った車型タイムマシーン“デロリアン”で1955年11月5日に行くという実験につき合うためマーティはショッピングモールの駐車場に呼ばれます。

ところが、タイムマシーンの原動力である核燃料をめぐってリビア人テロ集団が現れドクは銃撃されて倒れてしまいます。

テロ集団はマーティも亡きものにしようと追いかけてきます。あわてて乗り込んだデロリアンで必死に逃げるなか、マーティはタイムマシンのスイッチを入れてしまい、光とともにその場から消えてしまいます。

消えた瞬間に目に入ってきたのは納屋にいる自分。マーティはなんと30年前のヒルバレーにいたのです。

おどろいたことに、マーティは目の前に若いころの自分の父ジョージ・マクフライを見つけます。ジョージの同級生ビフ(トーマス・F・ウィルソン) まで出てきてマーティはおどろきっぱなし。

Back to the Future (4/10) Movie CLIP – You're George McFly! (1985) HD

マーティはジョージの後をおってついていきますが、車にひかれそうになったジョージを救った自分が倒れてしまいます。そして、なんとマーティを介抱してくれたのは30年前の母ロレイン(リー・トンプソン)でした。

パニックになりながらもマーティは30年前のドク博士を探し出し、もとの1985年に戻してほしいと頼みこみます。

最初はマーティを信じられなかったドクですが、マーティが持っていたビデオをみるうちにマーティの話を信じて未来へもどるための策を考えはじめます。

一方でドクが心配していたのは、マーティは1955年にタイムスリップしたときに両親の運命をかえてしまい、ふたりが結婚できるような段取りをつけないとマーティ自身も生まれないということでした。

確かにマーティが持っていた家族写真をみるとひとりまたひとりと写真の人物が消えていきます。

早くしないと自分も消えてしまう…マーティはなんとかしてジョージとロレインの恋仲を成立させないといけません。

かくして、マーティは両親の仲をとりもち、自分がもといた時代に戻るための旅がはじまります。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ジョージに学ぶ口説き文句

The First Thing Comes To Your Mind

ジョージとロレインが結婚してくれないと自分が生まれてこない。そんな事態をさけるためにマーティはジョージがロレインをダンスパーティに誘うようすすめます。

ところが、肝心のジョージは誘っても断られたら立ち直れないと弱気なことを言っているばかりでなく、ダンスよりテレビでSF劇場を見ていたほうがいいなどという始末。

そこでマーティはジョージが好きなSFを利用して説得することを思いつきます。

変装したマーティは夜中にジョージの家に現れて「自分はバルカン星からやってきた宇宙人ダースベーダーだ」といってロレインをデートに誘わないと脳を溶かすと脅かします。

すっかりだまされたジョージはどうしたらロレインを誘えるか相談してきます。

とはいえ、ジョージは女の子をデートに誘ったことなど一度もなく、なんて声をかけていいのかわかりません。

そこでマーティは自分の父であるジョージにアドバイスをします。

マーティ:  Well, just say anything. Say the first thing that comes to your mind. 何でもいいじゃないか。心に浮かんだことを言えばいいんだ。

ジョージ:  …Nothing’s coming to my mind! なにも浮かんでこないよ。

マーティ: Jesus Christ, George. It’s a wonder I was even born. なんだよ。よく僕が生まれたな^^

Destiny

マーティは呆れながらも女の子が聞いたらキュンとしそうなフレーズを伝えます。

誰かを誘うときにつかう誘い文句のことを英語ではピック・アップ・ライン(Pick Up Line)といいますが、マーティはジョージに教えるピック・アップ・ラインはこんなかんじ。

Tell her destiny brought you together. 君と結ばれる運命だ。

Tell her she is the most beautiful girl you have ever seen in the world. 君はこの世の誰よりも美しい。

Girls like that stuff. 殺し文句だ。

ジョージはマーティから教えてもらったピック・アップ・ラインで恐るおそるロレインにアタックします。

ジョージ:My density…has popped me to you.  君と結ばれる運転だ。

ロレイン:What ? なんですって?

ジョージ:What I meant to say was…  つまりその・・・。

ロレイン:Wait a minute. Don’t I know you from somewhere ? ちょっとまって。 前にどこかで会わなかった。

ジョージ:Yes. I’m George. George McFly. そうなんだ。ぼくはジョージ。ジョージ・マクフライだよ。

ジョージ:I’m your density. きみの運転の男だよ。I mean… your destiny. じゃなかった、君の運命。

ジョージは誘い文句の途中あがりすぎて「運命」というはずが「運転」になってしまっています。

とんちんかんな口説き文句だと断られるどころか、周りの人からもクスクス笑われてしまい、恥をかいてしまいますよね(^^

口説き文句を伝えながらも、マーティが送る自信の持てないジョージに言うシーンで一番印象的なフレーズがあります。

You know, if you put your mind to it, you could accomplish anything.  いい言葉を教えてあげよう。何事もなせば成るだ。

Get Your Damn Hands Off

Back to the Future (8/10) Movie CLIP – You Leave Her Alone (1985) HD

不良のビフにしょっちゅういじめられて、ロレインにも誘いが掛けられなかったジョージ。でも、未来の息子に励まされ勇気をふるう時がきます。

 Hey you! Get your damn hands off of…  オイお前!その汚い手をどけろ。

ロレインが車でビフに襲われたところに現われたジョージはついにビフを一撃で倒し、男らしいところを見せます。ロレインはジョージのたくましさに惚れなおし二人が結ばれることで家族写真から消えかかっていたマーティも助かるのでした。

まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ではジョージ・マクフライがヒロインのロレインを誘うシーンから女性が聞いたらキュンとくるピック・アップ・ラインを紹介しました。

両親を結びつけるためのキューピット役を未来からきた息子がするとはまさにSFな世界ですね。

ジョージの立場で考えると人間、追い込まれないと一つのことに集中できないかもと思えるシーンが描かれています。そして「何事も、なせば成る」ですね。

タイトルとURLをコピーしました