『ボヘミアン・ラプソディ』オーディションに効く自己PR

音楽

仕事の面接やオーディションに行ったときに面接官から

自己PRしてみてください

と言われると頭が真っ白なんてことがありませんか。

心の準備ができていない丸腰のまま自己PRといっても困るのが普通だと思います。

では、どんな感じでアピールすると人に耳を傾けてもらえるでしょう。

Queenのフレディー・マーキュリーは、パフォーマーとして夢をかなえるためバンドメンバーや音楽業界の大物マネージャーの前でオーディションといえる場面がきたときに自分を売り込みます。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、シャイな面を見せながらも堂々と自己PRをやってのけるフレディーから学べる英語のフレーズを紹介します。

さっそく聞いてみましょう。

Dist: 20th Century Fox
出典:IMDb

『ボヘミアン・ラプソディ』オーディションに効く自己PR

What About Me?

新しいリードボーカルとして歌でアピール!

Bohemian Rhapsody scene – Freddie Mercury meets the band (Smile)

フレディー(レミ・マレック)は以前から追っかけをしていたスマイルというQueenの前身バンドのメンバー(ブライアン・メイとロジャー・テイラー)に近づき自己紹介します。

話しているうちにバンドのボーカルが抜けてしまったと聞いたフレディーは自分にチャンスがきたとばかりにトキメキます。

ロジャー:

Our lead singer just quit.  リードボーカルが辞めたところなんだ。

フレディー:

Then,  you’ll need someone new.  それじゃ、誰か代わりがいるね。

ブライアン:

Any ideas?  誰か心当たりあるかい?

フレディー:

What about me? 俺ならどうだい?

チャンスとばかり自分を売りこんだものの、ブライアンとロジャーはフレディーのあか抜けないルックスだったり歯だったりを小ばかにした感じでノッてきません。

ロジャー:

Not with those teeth, mate.  その歯じゃ無理だよ。

フレディーはガッカリして一旦はブライアンとロジャーに背を向けますが、ふり向きざまにスマイルのレパートリーを披露します。

その美声に驚くブライアンとロジャーは思わずフレディーと歌ってしまいます!

そのあと唖然としているブライアンとロジャーにフレディーはオーディションが合格だろと確信したように言います。

フレディー:

I consider your offer.

君らからのオファーを待ってるよ。

少しシャイな感じでボーカルとしてアピールするものの、鼻で笑われたことでいきなり歌いだすあたりは自己PRとしては最大級のアピールですね ♪

◎英語解説:

What about ~?  ~はどう? 

現在起きている状況の中で何かを提案したり、人や物を尋ねたりするときに使える英会話フレーズです。

映画のシーンにあるように、ひとつの出来事(ボーカルが抜けてしまった)に対してどうしようかという話の途中で使われるフレーズです。

また、似たようなフレーズでHow  about~ ?というのがありますが、ニュアンスとしては、これからの出来事に対して尋ねたり、誘ったりするときに使います。

例: 

How about Sukiyaki at that restaurant?   

あのレストランですき焼きでもどうですか。

How about this brown jacket for the party next week? 

来週あるパーティーに、このブラウンジャケットはどう?

I Tell You What It Is

業界の大物マネージャーにQueenをアピール

バンドとしても音楽的にも人気が出てきたQueen。うわさを聞きつけた音楽業界の大物マネージャー、ジョン・リードがバンドに面会を求めます。

ついにメジャーデビューか?! 夢と希望で一杯なメンバー。

フレディーの派手なファッションをメンバーがからかっているとジョン・リードが突然現れて言います。

Dist: 20th Century Fox
出典:IMDb

ジョン・リード:

So this is Queen?  And you must be Freddie Mercury. 

そうか、君らがQueenかぁ。 君がフレディー・マーキュリーだな。

You’ve got a gift…you all have.

君たちはみんな才能がある。

So tell me…. What makes Queen any different from all the other wannabe rock-stars I meet?

だから教えてくれよ。 Queenは僕が会ってきたロックスターになりたがってる他の連中とどう違うのか。

Queenは、聴きに来てくれるリスナーの気持ちがよくわかるバンドだし、他のどのバンドよりも彼らに寄り添えるグループだからこそ人気があると力説します。

フレディーのアピールは、ヒットするグループやバンドはどんな形であれリスナーのハートを捉えている。自分たちが人気があるのはリスナーが聴きたいと願っている音楽をやっているからで、ただスターになりたがっている連中とは違うと主張しています。

Dist: 20th Century Fox
出典:IMDb

フレディー:

I tell you what it is.  We’re four misfits who don’t belong together playing to the other misfits.  The outcast right at the back of the room who are pretty sure they don’t belong either.  We belong to them. 

それは、こうゆうことさ。俺たち4人ははみ出し者で同じような境遇の奴らに演奏してるってわけ。部屋の隅っこに追いやられたような連中は他に行く当てがないのさ。俺たちも同じさ。

◎英語解説:

I tell you what it is.  

what it is「それは何かというと」

ここでいう「それ」とは、“What makes Queen any different from all the other wannabe rock-stars I meet?”の問いに答えるためのフレーズです。

ジョン・リードのフレーズを使うと以下のようになります。フレディーは下のフレーズを手短に “I tell you what it is. ” と即答した訳です。

I tell you what makes Queen any different from all the other wannabe rock-stars you meet.

all the other wannabe rock-starsとは、スターになりたがっている他の連中という意味。気持ちはだけは一人前でも、大概は夢で終わってしまう人たちを「ワナビー(思ってるだけの人たち)」っと皮肉った感じで表現しています。

*********

堂々とグループをアピールしたフレディーですが、ジョン・リードも業界の大物マネージャーだけに簡単にはいきません。

ジョン・リード:

Look I admire your enthusiasm.  なあ、君らの熱意には感心するよ。

If it goes well, if it happens, I’ve got a promotional tour Japan in mind.

もし事が上手くって首尾よくことが運んだら君らを日本でプロモートしようと思っているんだ。

フレディー:

We want more.

それ以上にやってくれよ。

ジョン・リード:

Every band wants more.

どいつもこいつも同じことばかり言うもんだ。

ジョン・ディーコン:

Every band is not Queen.

Queenはそこいらのバンドとは違うよ。

調子にのるんじゃないと言わんばかりのジョン・リードにQueenのベーシスト、ジョン・ディーコンが言い放った「クイーンは他のバンドとは違う」というセリフ。バンドとしての一体感がよく描かれています。

まとめ

オーディションで自己PRするとなると緊張のあまり固くなりがちですが、自分がやりたいことを堂々とアピールさえできれば気持ちは伝わるはず!

映画『ボヘミアンラプソディー』におけるフレディーが実演してくれているような感じがします。

もちろん、それに見合った才能がないと「ワナビー」で終わるかもしれませんが、アピールするなら堂々とやった方が失敗に終わってもなにかしら得るものがあるに違いありません。

タイトルとURLをコピーしました