子を思う親の気持ちにほっこり!『ラブアクチュアリー』映画で英語

親子 コミュニケーション ラブコメ

親として子どもの良き相談相手になりたい!

しかし、子どもがすぐさま親に心をひらいて相談してくれるかというと、そうもいかないこともあるかもしれません。

ましてや、恋愛のことになると話しにくいのでは…。

本記事では、映画『ラブアクチュアリー』のワンシーンを紹介します。

悩みを抱えている息子に父親として話しかけるシーンです。

子を思う親の気持ちとは裏腹に、子どもはまったく違うことに悩んでいたのでした…。

『ラブアクチュアリー』は、ほのぼのとした親子のやりとりを見てみたい、映画を観ながら楽しく英語の勉強をしたいというひとにオススメな映画です。

Company Credits: Universal Pictures, UIP
出典:IMDb

Advertisement

子を思う親の気持ちがつたわる 『ラブ・アクチュアリー』

妻を亡くし、夫ダニエル (リーアム・ニーソン) は妻の連れ子サム(トーマス・ランナー)と親子ふたりで過ごしていた。妻の死から立ち直れないでいたダニエルだが、彼にはもうひとつ心配事がありました。

それは義理の息子であるサムの様子です。母親が居なくなったことでふさぎ込んでいるのだろうか。それとも他に何か悩みがあるのだろうか。

心配のあまり、ダニエルはサムに直接きいてみます。

ほっこりした親子関係が伝わる英話フレーズ

Love Actually – Samuel's Problem Scene

Can You Give Me Any Clues At All?

悩み事について自分から親に話す子もいれば、まったく相談してくれない子もいるでしょう。 

こどもにしてみても親にはかかわって欲しくない話題もあるかもしれません。しかし、監督責任がある親としてはサポートできないか「なにかヒントがあれば教えてくれよ」とねばり強く話しかけています。

Daniel: So what’s the problem, Sammy? Is it just Mum or is it something else? Maybe… school – are you being bullied? Or is it something worse? Can you give me any clues at all?

ダニエル:それで何か問題でもあるのかい、サミー? ママのこと?それとも何か別の問題? たぶんだけど…学校でいじめられたとか? もっと悪いことがあった? なにかヒントがあれば教えてくれよ。

引用:IMDb

◎英語メモ

bullied  bully 弱い者いじめの過去形

clues (clueの複数形)手がかり

I’m In Love

Love Actually (2003)
Thomas Brodie-Sangster in Love Actually (2003)

父であるダニエルの問いかけにサムは自分がふさぎ込んでいる理由を話します。

サムは小さな子どもにしてはしっかりした話し方をしています。答えを聞いても助けることはできないよとダニエルに前置きして悩みを語るシーンです。

Sam: You really want to know?

サム:ほんとに知りたい?

Daniel: I really want to know.

ダニエル:ああ、知りたいね。

Sam: Even though you won’t be able to do anything to help?

サム:聞いても助けられないだろうけどいい?

Daniel: Even if that’s the case, yeah.

ダニエル:ああ、それでも構わないさ。

引用:IMDb

Sam: OK. The truth is actually… I’m in love.

サム:OK 正直、じつはボク恋してるんだ。

ダニエルは母親が亡くなったことや学校でイジメに遭っているのではと心配してのですが、実は恋煩いだったと聞いてビックリします。

親からしたらまだ小さなこどもでしかないサムが恋に悩んでいるなんて思ってもみなかったという様子。

There’s Nothing I Can Do About It

Love Actually (2003)
Thomas Brodie-Sangster in Love Actually (2003)

Daniel: Sorry?

ダニエル:なんだって?

Sam: I know I should be thinking about Mum all the time, and I am. But the truth is I’m in love and I was before she died, and there’s nothing I can do about it.

サム:ママのことはずっと思ってるよ。でも、本当のところママが亡くなる前から僕は恋をしているんだ。で、この気持ちはどうする事も出来ないって思ってる

Daniel: Aren’t you a bit young to be in love?

ダニエル:(ホッとした様子で)恋してるっていっても、少し若すぎないか(笑)

Sam: No. 

サム:いや。

I’m A Little Relieved

Love Actually (2003)
Liam Neeson and Thomas Brodie-Sangster in Love Actually (2003)

それでも、ダニエルはサムが本当の悩みを話してくれたことでホッとするものの、こんどはサムが悩みを打ち明けたのになぜホッとするのか不思議がります。

Daniel: Oh, OK, right. Well, I’m a little relieved.

ダニエル:そ、そうだよな。それにしても、安心したよ。

Sam: Why?

サム:なぜ?

Daniel: Well, you know – I thought it might be something worse.

ダニエル:だってさ、もっと何か深刻な悩みがあるんじゃないのかってさ。

◎英語メモ:

relieve  解放する 

be relieved  解放された、つまり原因がはっきりして「安心した」という意味

Total Agony

Love Actually (2003)
Liam Neeson and Thomas Brodie-Sangster in Love Actually (2003)

サムは、ダニエルが思っているほど子どもではなく、真剣に恋について悩んでいると率直な意見をのべています。

それをあらわす言葉として agony という聞きなれない英単語が出てきます。

agony の使い方は、サムのセリフがお手本になっています。恋をして打ち明けられないのがツライと精神面で苦痛な気持ちを言いあらわすのにピッタリなことばです。

Sam: Worse than the total agony of being in love?

サム:恋することより深刻なことがあるっていうの?

Daniel: Oh. No, you’re right. Yeah, total agony.

ダニエル:え、そうだよな。恋ってのは苦しいものだな。

子どもにとって恋愛の話なんて恥ずかしいから親には何も言いたくないと思いきや、サムはサッパリと悩みを打ちあけていて観ているコチラもホッとさせられます。

ともあれ、事情がわかったダニエルは父親として、そして保護者としてサムの成長に助けになれるよう協力していく様がストーリーを追うごとにわかっていきます。

まとめ

映画『ラブアクチュアリー』では、子を思う親の気持ちがよく描かれているシーンと英語セリフの紹介しました。

ダニエルは父親として息子サムの悩み(このシーンでは恋愛)にある程度関わることで理想的な親子関係を育んでいます。

親子関係がいい具合に育まれていると思えるのは、ダニエルはサムとなんども会話をかさねてコミュニケーションをとり続けてるところ。そして、サムにいろいろアドバイスしながらもサムを信じて見守っているところです。

家族で観る映画としては、注意しなければならないシーンもあります。しかし、ストーリーすべてが温かい気持ちにさせてくれる名画です。ぜひ観てください。

こちらの記事もオススメ

こちらの記事もオススメ