人の情けが伝わってくる!名画『アラバマ物語』に学ぶ英会話フレーズ

ドラマ
Sponsored Ads

Production Companies
Pakula-Mulligan (as A Pakula-Mulligan, Brentwood Productions Picture)
Brentwood Productions (as A Pakula-Mulligan, Brentwood Productions Picture)
Distributors
Universal Pictures (1962) (USA) (theatrical) (as Universal International) 出典:IMDb

Sponsored Ads

映画『アラバマ物語』 ストーリー

ストーリーの原作は”To Kill A Mockingbird”『ものまね鳥を殺すには』という小説が元になっています。

アラバマ州にある田舎町で白人女性をレイプした容疑でつかまり裁判にかけられた黒人男性トム・ロビンソンの弁護を引き受けたアティカス・フィンチ(グレゴリー・ペック)

黒人に対する根強い偏見や差別がおおっぴらに起きていた1930年代に弁護士アティカスはトムの無実を証明しようと懸命に弁護をする。

弁護をしていく過程で『ものまね鳥を殺すには』に出てくる台詞と無実の罪で裁かれるトム・ロビンソンの姿に重なって行きます。

その働きが一部の住民たちの反感を買ってしまいアティカスはもちろん、彼のふたりの子どもたち(兄妹のジェムとスカウト)にまで及んでしまう。

アティカスは自身の正義を貫くため、子どもたちにとってよき模範となるために立ちはだかる障害に立ち向かっていきます。

ピックアップ英会話フレーズ

アティカスの娘スカウトは、学校のみんなと馴染めないところもあります。そんなとき父親として人と人とのつき合いについて話をしてくれるシーンです。

Get Along With~

人づきあいについて語る父親

(c) Universal

If you just learn a single trick, Scout, you’ll get along a lot better with all kinds of folks.

ちょっとしたコツを掴めばね、スカウト、どんな人ともずっと上手くつき合っていけるんだよ。

◎英語メモ:

get along with~  ~と仲良くする

From One’s Point Of ~, Climb Inside of One’s Skin

You never really understand a person until you consider things from his point of view…Until you climb inside of his skin and walk around in it.

相手の気持ちになって考えればわかってあげられるものだよ。

◎英語メモ:

from one’s point of view ~の見解から

climb inside of one’s skin

直訳すると「ひと肌の内側を登って」という感じにあってしまい何だかわけが解らないですよね…。

ここでは「人に寄りそうときは相手の気持ち(肌)になって考えてあげる」というニュアンスを伝えようと”skin”をつかって子どもにもわかりやすいように話してくれています。

次はアティカスは自分が親から初めて銃をもらったときの事を子どもたちに話してあげます。後に裁判所でアティカスはなぜ黒人の青年を弁護しなくてはならないのかと子どもたちに自分の信念、正義といったことを伝えようとするシーンにつながってくる話です。

Shoot all the blue jays you want, if you can hit ’em, but remember it’s a sin to kill a mockingbird. 銃の腕前があがってブルージェイ(アオカケスというカラス科の鳥)を撃ちたければそうしてもよい。けれどモッキンバード(ツグミ)を撃ってはだめだぞ、それは罪だ。

アティカスは続けます・・・

Because mockingbirds don’t do anything but make music for us to enjoy. Don’t eat people’s gardens. Don’t nest in the corn cribs. They don’t do one thing but just sing their hearts out for us. 

どうしてって、モッキンバードはわたしたちに綺麗な声で鳴いて楽しませてくれる。みんなの庭を荒らしたりしないし、納屋に巣を作ったりもしない。モッキンバードはわたしたちを楽しませてくれるだけで悪さをしたりしないからさ。

ここでアティカスが娘であるスカウトに伝えたかったは、 モッキンバードの話を引用して 黒人青年を弁護するのは彼が無実だと信じているからだし彼はみんなに何も悪いことはしていないと証明したい気持ちが表れています。

黒人青年を弁護するアティカス

(c) Universal

裁判においては、黒人男性が無実なのは明らかにもかかわらず判決は有罪になったばかりか、護送中に逃亡したため射殺されてしまう。なんともやりきれない状況ですが、子どもたちは彼らなりに不器用ながらも周りの意見に流されることなく正義を説いてきた父親の気持ちを理解しようとしていくのでした。

それにしても、刑事事件を扱う法廷に子どもたちも出席できるとは当時は普通だったのかはわかりませんが裁判以外にも大人とこどもが常に関わり合っているところが現代とだいぶ雰囲気が違う感じです。

弁護のシーン含め、有罪となってしまった黒人青年に控訴の話をして元気づけようとするところやスネてる子供を抱き寄せて辛抱強く話をしてくれる父親の姿がとても印象的です。

とても人間味があって演技以上に人の情けを感じさせられます。最近はいろいろなことがあまりにスピーディーなのか、随分こういう光景を見ていなかった感じさえします。

まとめ

『アラバマ物語』からいくつか英会話フレーズをピックアップしてみました。映画は南部アメリカでの人種的偏見が根強く残っているところが描かれてました。

映画に登場する弁護士アティカスはそんな環境でも黒人青年に親身になって戦ってくれていたり、ふたりの子供の父親としてもよき手本であろうとしたところに懐かしささえ感じられる映画でした。

個人的な感想ではありますが、スカウトがハムの着ぐるみを着て劇に向かう姿が妙にそぼくで、映画の魅力に一役買っていると思いました。

Production Companies
Pakula-Mulligan (as A Pakula-Mulligan, Brentwood Productions Picture)
Brentwood Productions (as A Pakula-Mulligan, Brentwood Productions Picture)
Distributors
Universal Pictures (1962) (USA) (theatrical) (as Universal International) 出典:IMDb

タイトルとURLをコピーしました