ドラマ

コメディ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』名言に学ぶ英語フレーズ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』では、映画のセリフや名言をとおして英語フレーズを紹介。コミカルでハートフルな人間ドラマは仕事やプライベートで悩んだとき観る映画としておススメ。キューバサンドウィッチの作り方や映画の名言で英語を学びたいというひとにもピッタリ。
コメディ

英語学習のやり方がわかる!『ターミナル』セリフや名言に学ぶ英語

『ターミナル』では、映画のセリフや名言を通して英語学習に役立つフレーズを紹介。英語がほとんどわからない主人公ビクターは、自分が思いついたことをどんどん実践して英語を覚えていく。英語学習の初心者にとっても聞きとりやすい英会話が魅力。
ドラマ

『アリースター誕生』映画のセリフや名言に学ぶ英語フレーズ

『アリースター誕生』映画からレディ・ガガのセリフやアカデミー賞受賞スピーチでの名言を紹介。映画からはふたつの英語フレーズが学べる。ひとつは、落ち込んでいる仲間を元気づけるときの言い回し。もうひとつは、夢をめざすきもちや感謝ををつたえる英語。
ドラマ

世の中には二種類の人間がいる 『ドクトル・ジバゴ』映画に学ぶ英語

世の中には二種類の人間がいる…これは英語ではなんて言えばよいだろう。映画『ドクトル・ジバゴ』の名言にピッタリなフレーズがあるので紹介。第一次大戦やロシア革命を背景にした『ドクトル・ジバゴ』をとおして、世の中には二種類の人間がいる…つまり、自分の考えだけにとらわれてはいけないという意味の英語フレーズが学べる。
ドラマ

人生の”きらめき”とは?『天使のくれた時間』名言に学ぶ英語

『天使のくれた時間』セリフや名言をとおして英語フレーズを紹介。自分の人生にとっていちばん大切なことは何なのか?楽しかったり、悲しかったり、悩んだりといろいろな”きらめき”を見せてくれるジャックとケイトそしてキャッシュが魅力的。
ドラマ

青春映画『アメリカン・グラフィティ』ウルフマンの一言に学ぶ英語

『アメリカン・グラフィティ』D.J.ウルフマン・ジャックの一言は悩んでいたひとりの青年が前進できるよう導いてくれる。1962年の若者たちが抱く不安と期待など青春のハイライトを描いた映画。本記事では青春映画をとおして学べる英語フレーズを紹介。
ドラマ

ふたつの顔をもつ!『大統領の執事の涙』映画に学ぶ英語 

『大統領の執事の涙』映画のセリフを通して英語を学ぶ。黒人の主人公セシルが大統領の執事として働く中でキューバ危機やベトナム戦争など歴史上の出来事やアメリカ社会が抱える黒人差別や公民権運動がセシルや彼の家族にどう影響し彼らがどう生きてきたかが見どころ。
ドラマ

『フォーカス』映画のセリフに学ぶプロとしての仕事とマインドセット

『フォーカス』映画は、主人公のセリフのなかで詐欺師というプロとしての仕事とその心構えが描かれている。本記事では、実際のビジネスや人生において使える英語フレーズを紹介。また、映画は鮮やかな詐欺師としてのテクニックと同時進行で男女のロマンティックコメディとしても面白い作品。
ドラマ

『ベストキッド 』 カタコト英語から学ぶミヤギ先生の名言!

『ベストキッド』 カタコト英語でも名言として伝わる英語フレーズを紹介。何かを学ぶとき、はじめに肝に銘じておく大切なことは何か?ということをカラテの先生ミヤギから教え子ダニエルに教えるシーンがとても響きます。
ドラマ

『すべてをあなたに』ベースプレイヤーのカッコいいソロと英語フレーズ

『すべてをあなたに』は、映画のワンシーンでベースプレイヤー、ウルフマンが軽々とベースソロを弾きだすシーンがあります。その時にみせるベースプレイヤーの余裕と気持ちを表した英語のフレーズを紹介。トム・ハンクス初監督作品で、1960年代の雰囲気と音楽がたっぷり楽しめます。
Advertisement