『ベストキッド 』 カタコト英語から学ぶミヤギ先生の名言!

ドラマ
スポンサーリンク

何かを身につけるときは初めの一歩が大事とは言うけれど、正しいやり方をどう習得していくのかというのは案外わからないものですよね。

『ベストキッド』 カタコト英語でも名言として伝わる英語フレーズを紹介します。

何かを学ぶとき、はじめに肝に銘じておく大切なことは何か?ということをカラテの先生ミヤギから教え子ダニエルに教えるシーンがとても響きます。

Production Co.: Columbia Pictures
出典:IMDb

『ベスト・キッド』あらすじ

カリフォルニアに引っ越して来たダニエルは、不良グループコブラ会に付け狙われ、怪我だらけの毎日。そんな彼にカラテの達人ミヤギがコーチを引き受ける。決着の場は2ヶ月後の少年カラテ選手権大会。しかし練習メニューはワックスがけや、ペンキ塗りといった雑用ばかり。こんな毎日で本当に強くなれるの?(引用:公式サイト

『ベストキッド 』 カタコト英語から学ぶミヤギ先生の名言!

Karate Is For Defense Only

Production Co.: Columbia Pictures
出典:IMDb

母親の仕事でニュージャージーからカルフォルニアに移ってきたダニエル(ラルフ・マッチオ)。新居に着くなり人なつこいフレディに誘われてパーティで会ったアリ(エリザベス・シュー)に一目ぼれするが、空手チャンピオンでアリの元カレのジョニーとケンカになりダニエルは派手にやられてしまう。

元カノのアリと仲良くしていたのが気に入らなかったジョニーは学校でもダニエルに嫌がらせをしかけてきます。ダニエルも負けじとやり返しますが空手チャンピオンが相手ではとても敵いません。

ノックダウン寸前に突如現れたミヤギ(パット・モリタ)に助けられます。ダニエルはミヤギを水道屋くらいにしか思っていなかったのですが、実はミヤギはカラテの達人で戦時中は軍でかなり活躍していた人物でした。

ダニエルはミヤギにカラテの技を教えてほしいと頼みますが復讐のためにカラテを覚えても何の解決にもならないと話します。

Karate is for defense only. カラテは防御だけ  

引用:ベスト・キッド

ただ、また同じイジメに遭わないようジョニーが習いに行っているカラテ道場の師範に話してあげようとダニエルとカラテ道場のコブラ会に向かいます。ところが、「戦う相手はつねに敵だ」とおしえ込む師範はミヤギのはなしを挑戦状と受けとめます。

Production Co.: Columbia Pictures
出典:IMDb

ミヤギはコブラ会の教え子たちはなぜ態度がわるいのかを理解します。カラテを使って乱暴するような連中は、そもそもカラテを教えた先生に問題があると。ミヤギはダニエルに言います。

Miyagi:

Because boys have a bad attitude.  あの少年たちの態度 悪い 

No such thing bad students.  Only bad teacher.  そういうことは先生が悪いのだ

Teacher says.  Students do. 生徒はマネるだけ。

引用:ベスト・キッド

Wax On Wax Off

Production Co.: Columbia Pictures
出典:IMDb

コブラ会での話はおわり、決着は2か月後の少年カラテ選手権でつけることに決まりました。そして、ミヤギはダニエルにカラテを教えると約束します。

ダニエルはついに自分も強くなれる!と興奮しますが、ミヤギは特訓中には決して質問しないこと。 だまって言われたことをきちんとやることと約束させられます。

Miyagi: First, wash all car. Then wax. Wax on… 最初にこのクルマをすべて洗え。それからワックスをかけるんだ。

Daniel: Hey, why do I have to…? えぇ、なんで?

Miyagi: Ah ah! Remember deal! No questions! おいっ、質問しないという約束だろ!

Daniel: Yeah, but… あぁ、でもさぁ。

Miyagi: Hai! Wax on, right hand. Wax off, left hand. Wax on, wax off. Breathe in through nose, out the mouth. Wax on, wax off. Don’t forget to breathe, very important. 

はいっ、右手でワックスを塗る、左手でワックスを拭く。このくり返しだ。鼻で息をすって口から吐く。呼吸は大事だから忘れるなよ。

引用:ベスト・キッド

毎日ワックスがけやペンキ塗りといった雑用ばかりでげんなりするダニエルだったが、この地味な練習こそが、空手の型をマスターするうえ大切な動きだった。

Balance Is Key

Production Co.: Columbia Pictures
出典:IMDb

洗車、ワックスがけ、庭のカベや家のペイントを毎日くり返すうちにカラテに必要な型を習得したダニエルにミヤギは型のつぎに必要なことを教えます。それは立って構えるときに必要なバランス感覚でした。

ミヤギはダニエルとボートに乗り、自分が釣りをしている間はボートの先端に落ちないよう立っていろと言います。

ここでもダニエルはぶつくさと何でこんなことしなきゃいけないんだと泣き言を言いますがミヤギはバランスこそがカギだぞと諭します。

Miyagi: Better learn balance. Balance is key. Balance good, karate good. Everything good. Balance bad, better pack up, go home. Understand?

バランスが先だ。バランスことがカギだ。バランスが良ければカラテもよい。バランスが取れないようじゃ荷物をまとめて家にかえれ! わかったな。 

そしてダニエルは、いよいよカラテ決勝戦の日を迎えます。最初でこそ文句ばかり言っていたダニエルですが、実は相当たくさんのことをミヤギから学び、カラテに必要なスキルを使いこなせるようになっていたのです。

はたして、決勝戦の結果はいかに!?

まとめ

『ベストキッド』 カタコト英語でも名言として伝わる英語フレーズを紹介しました。

ミヤギは英語フレーズというより英単語を並べているような感じだったかもしれませんね。

けれど何かを学ぶとき、はじめに肝に銘じておく大切なことは何か?ということをミヤギはダニエルに伝えているし、ダニエルも最初でこそ文句ばかり言っていましたがしっかりと理解したことがわかります。

こちらもおススメ

タイトルとURLをコピーしました