“freak out”とは?映画『オースティン・パワーズ』に学ぼう

サイケデリック コメディ
Sponsored Ads

海外ドラマや映画を観ていると”freak out”を使ったセリフが結構でてきます。この”freak out”とはどういう意味なのでしょう。

映画『オースティン・パワーズ』でも”freak out”を使ったセリフが登場します。今回は、『オースティン・パワーズ』を通して”freak out”の意味や使い方を解説します。

austin powers

(c) New Line Cinema

Sponsored Ads

オースティン・パワーズ あらすじ

1967年のイギリス。諜報員、オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)は宿敵ドクター・イーブル(マイク・マイヤーズ)を捕まえるためにスウィンギング・クラブにいるという情報を得てクラブへ向かう。

あと少しのところで捕まえられるところだったが、ドクター・イーブルは Bob’s Big Boy の像の形をしたロケットで宇宙へ逃走し、自身を人体冷凍保存する。

新たに世界征服を目論むドクター・イーブルは30年後の1997年に地球に戻ってくる。ドクター・イーブルの復活を察知したイギリス国防省は同じく人体冷凍保存されていたオースティン・パワーズを解凍して事態に対処する。

1960年代の相棒だったミセス・ケンジントン(ミミ・ロジャース)は既に退職しており、新たな相棒として娘のヴァネッサ・ケンジントン(エリザベス・ハーレイ)と共にドクター・イーブルを追う。

Austin Powers: International Man of Mystery (1997) Official Trailer – Mike Myers Comedy HD

“freak out”!!

意味は?

“freak”単体では、「奇形」「気まぐれ」といった意味です。

“out”は「外に」「外部に」など外側に出ていくという意味で、今回の”freak out”にあるように、動詞と連結して使われることが殆どです。例:go out~

映画でのセリフ “freak out” はどんな感じ?

映画『オースティン・パワーズ』の劇中、オースティンが向かったスウィンガーズ・クラブでは1960年代に流行っていたカラフルで幻想的なパーティーシーンが描かれています。

1960年代に若者たちのあいだで盛り上がっていたスウィンギング・ロンドン、サイケデリック・ムーブメント、ラブ&ピースなどが劇中に出てくるスウィンガーズ・クラブに凝縮されています。

Electric Psychedelic Pussycat Swingers Club

その光景を見たオースティン・パワーズが興奮を抑えられずに言ったフレーズがこれ!

This is my happening baby and it freaks me out.

これは俺のためにあるんだベイベー、シビれるぜ。

このように凄く感激したり、びっくりしたときの驚き具合を英語でカッコよく言ってみたいときにぴったりなフレーズです。

どんな風に使う?

表現の意味としては「びっくりした」「驚いた」という場面で使える英会話フレーズです。

例えば街でボイスパフォーマーがいたとします。そのパフォーマーはマイクを使って一人で何通りもの音を出していて観ていた通行人たちは拍手喝采!

そんなとき、感心、感激を表わすとき

Wow, that guy freaks me out. わおっ、あいつすげえな。

という感じで使えます。

“freak”とは「一風変わった」「奇人」という元の意味があるので、ちょっと特殊な才能を目の辺りにしたときなどに使うと逆にほめ言葉として使えます。

他の例としては、何かにショックを受けたときも “freak out” が使えます。

例えば、バイト先がいきなりなくなってしまい、収入が途絶えてしまった場合にでたフレーズ。

My boss told me the shop will be closed within a month. That freaks me out. I don’t understand why he has to close his shop so soon.

ボスからひと月以内に店を閉めるって聞いてパニックになったよ。なんだってそんなに早く店を閉めるんだか理解できないよ。

注意点としては、”freak out”は仲間どうして話し言葉として使ったり、オースティン・パワーズのようにパーティーシーンにはピッタリな表現ですが、スラングなのでフォーマルな場所では遠慮した方が良いかも…。

まとめ

今回は、『オースティン・パワーズ』を通して”freak out”の意味や使い方を解説しました。マイク・マイヤーズのパンチの利いたセリフの言い回しが決まってます。

フォーマルな場面で使うには少々砕けすぎた表現ですが、友だち同士で使うぶんには仲間意識も高まって話を盛り上げるにはピッタリな表現です。

タイトルとURLをコピーしました