字幕を通して学ぶ英会話 映画『アデライン』100年目の恋

ロマンス
スポンサーリンク

いつまでも若さや美しさを維持していたいと思うのはごく普通のことと思います。けれど、いつまでも歳を取らない、永遠に生き続けるとなると自分だけ置いてきぼりになったみたいで何とも寂しい限りです。

今回は、映画『アデライン』100年目の恋を通じて、主人公アデラインのセリフから歳を重ねることが出来ない切なさを表現した英会話フレーズを紹介します。

Production Companies
Lakeshore Entertainment
Lionsgate
Sidney Kimmel Entertainment
出典:IMDb

『アデライン』100年目の恋 あらすじ

The Age of Adaline (2015 Movie) – Official Trailer – Blake Lively

1908年生まれのアデライン。29歳のときに起きた交通事故を境にアデライン(ブレイク・ライブリー)は一生歳を重ねることのない人生を送ることになる。

その特異性に気がついた政府はアデラインを捕え、研究サンプルとして扱おうとしたため、アデラインは10年ごとに身元を偽って数十年に渡り逃げてきた。

アデラインの唯一の理解者は既に80歳を超えた自分の娘だけであった。身内がいなくなるのもそう遠くない。アデラインは、自分だけが年も取らず生きていくことに絶望感さえ感じ始めていた。

そんなとき、とあるパーティーでエリス(ミヒウ・ハウスマン)という青年と知り合い。いつの日か二人は互いに惹かれあっていくのだが…。

英会話フレーズ

アデラインは娘のフレミングと愛について語らいます。アデラインの不老不死になってしまった体質によって愛も幸せも不可能になってしまったと言います。

親子の英会話フレーズでは、恋をした相手と共に歳を重ねて終わりを迎えることの大事さを表わしているフレーズです。

Love Is Just Heartbreak

Production Companies
Lakeshore Entertainment
Lionsgate
Sidney Kimmel Entertainment
出典:IMDb

フレミング:

Don’t you miss having someone to love?

もう、だれかと恋をしたいとは思わないの?

アデライン:

It’s not the same when there’s no growing old together.

一緒に歳を重ねて行けないのって、人生を添い遂げるってことにはならないわ。

Without that, love is just heartbreak.

ともに人生を生きていくことのできない愛なんて、そんなの悲痛なだけよ。

Tell Me something I Can Hold Onto Forever And Never Let Go

アデラインとエリスは互いに惹かれあい結ばれます。けれど、アデラインは何十年もいわゆる普通の恋愛をすることができなかったため、エリスを心から受け入れようとしません。

すぐに話をはぐらかそうとするアデラインにエリスは徐々にお互いの事を深めていこうというつもりで”Let go.”「そのままで。」つまり「いまは忘れて。」と言ってキスをします。

アデライン:

Tell me something I can hold onto forever and never let go.

永遠に忘れずそのままにしておけるようなこと言ってみて。

エリス:

Let go. いまは忘れて。

You Lived But You’ve Never Had A Life

Production Companies
Lakeshore Entertainment
Lionsgate
Sidney Kimmel Entertainment
出典:IMDb

エリスの父、ウィリアムは息子エリスが紹介してきた女性は、かつて自分が結婚を申し込もうとしたアデライン本人で、数十年の時を経ても当時とまったく変わらずに存在していることに気づき驚きます。

ウィリアム:

How is all that happened?

いったいどうしてこんなことが起きているんだ?

You lived but you’ve never had a life.

君はこんなにも時を越えてきたというのに、自分の人生というものがないなんて。

アデライン:

I don’t know how.

わからないわ。

ここでの英会話フレーズは、アデラインはどうして歳をとらなくなったという事よりも、「どうしたら幸せな人生を送れるのか?」が分からなくなっていたという風に理解した方がよいでしょう。

映画はアデラインを軸にして時と場所が10年ごとに変化していきます。自分の親しい友や家族がいなくなり、一人ぼっちになっていく様はなんとも寂しいものがあります。

後味のわるいエンディングを迎えそうな雰囲気の中、アデラインは再び交通事故に遭います。この事故がキッカケでアデラインは老いるという人間本来のもっている機能をとり戻します。

まとめ

Production Companies
Lakeshore Entertainment
Lionsgate
Sidney Kimmel Entertainment
出典:IMDb

映画の見どころはブレイク・ライブリーのファッション。時代ごとに流行っていたファッションを着こなすところは何ともイカしてます。

役どころが見た目は29歳のまま実年齢が100歳を超えているというセッティングということもあって、落ち着いた喋り方をしています。

でも、バラエティー番組や他のインタビューを見てみると、元々の落ちついた、やや大人しい性格なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました