『あなたが寝ている間に』映画に学ぶ英語”I Love You Back”

ラブコメ

心から思いをよせている相手にかける言葉としてはI Love You”「愛してる」 は世界一有名な英語フレーズではないでしょうか。

では、” I Love You”「愛してる」と言われたとき、どう返事をすると自分もおなじ気持ちだとつたえることができるでしょう。

こたえは”I Love You Back「僕も(わたしも)」です。

今回は、サンドラ・ブロック主演のラブコメディ映画 『あなたの寝ている間に』 からシンプルでいてハートフルな気持ちをつたえる英話フレーズを紹介します。

Production Companies: Hollywood Pictures
Distributors: Buena Vista Pictures 1995
出典:IMDb

Advertisement

『あなたが寝ている間に』あらすじ

シカゴの高架鉄道で改札員として、毎日乗客のトークン(切符)を販売していたルーシー(サンドラ・ブロック)。身寄りのない彼女は、仕事を終えると猫と暮らす孤独な毎日を過ごしていました。

それでも、毎日乗客として顔を合わせる片思いの男性ピーター(ピーター・ギャラガー)に会えることがルーシーの心のよりどころでした。

ところが、ある日ピーターは駅構内でマフラーを盗もうとした2人組に絡まれて線路に転落していまいます。ルーシーはとっさに線路に飛び降りピーターを助けようとします。

どうにか救助に成功して救急隊とともに病院に連れていったルーシーですが、病状を聞きたくとも家族以外は面会できないと医者に言われてしまいます。

ピーターの容態が心配だったルーシーは、思わず自分はピーターの婚約者だと言って病室に入ったものの、ピーターは昏睡状態でした。

While You Were Sleeping (1995)
Sandra Bullock and Peter Gallagher in While You Were Sleeping (1995)

すると、ピーターの家族がこぞって病室に駆けつけます。家族は警察からルーシーがピーターを救ってくれたと聞いて喜びながら、あなたとはどうゆう関係なのと聞くと、そばにいた看護師が、ルーシーはピーターのフィアンセと説明してしまいます。

ちょっとした行き違いから、ルーシーはそのままピーターのフィアンセという事になってしまいました。

けれど、ピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)だけはルーシーは婚約者にしては兄貴のタイプからはかけ離れているなと疑っていました。しかし、ときが経つにつれルーシーはピーターの家族と仲良くなっていき、ジャックもいつの間にかルーシーと話をしていくうちに彼女に魅かれていきます。

そしてルーシーもジャックを好きになっていきますが、ピーターが昏睡状態から目をさまし…。

『あなたが寝ている間に』感想

While You Were Sleeping (1995)
Sandra Bullock in While You Were Sleeping (1995)

ほんの少しでも自分にとって大切な時間が持てると、それが生きていくうえで大きな支えになります。

『あなたが寝ている間に』のなかでも、孤独なときが長かったルーシーはひょんなことから家族の一員として暖かく迎えられたことで忘れかけていたふれあいをとり戻していきます。

映画のストーリーは進むにつれてルーシーがピーターの婚約者ではなかったことがハッキリするときが訪れます。

Lucy:

I saw Peter get pushed onto the tracks and I saved his life.

ルーシー:

ピーターが線路に突き落とされたとき彼を救ったのは確かよ。

But when I got to the hospital, they wouldn’t let me see him.

でも、病院に着いたとき医者は面会させてくれなかったの。

So someone told the doctor that I was his fiance.

だから誰かが私のことをピーターの婚約者だと先生に伝えたのよ。
Only….It’s not true. ただ…それって嘘だけど。
I was never engaged to Peter.

本当は婚約なんてしていないの。

◎英語メモ:

be engaged to  ~といいなずけになる、婚約する

Jack:

Why didn’t you say something?

 

ジャック:

どうして黙ってたんだ。

Lucy:

Because I didn’t know how to tell you.

ルーシー:

だって、どう伝えたらいいのかわからなくて。

ルーシーは真実をいえなくて申し訳ないと思いつつも、ピーターやジャックそして彼らの家族と楽しく過ごせたことがとても大切な時間に感じて、その時を失いたくない気持ちから本当のことを言いだせなかったのです。

While You Were Sleeping (1995)
Sandra Bullock, Monica Keena, and Jack Warden in While You Were Sleeping (1995)

Lucy:

It’s just when we were in the hospital room, everything happened so fast and I couldn’t tell you the truth.

ルーシー:

みんなに病院で出会ったとき、いろんな事がいっぺんに起きて本当の事を言えなかったの。

And then I didn’t wanna tell you the truth because the truth was I fell in love with you.

それに本当のことは言いたくなかった。なぜって、それはみんなのことが好きになってしまったから。

I went from being all alone to being a fiance, a daughter, a granddaughter, a sister and a friend.  

いままで一人ぼっちだったのに、フィアンセになったり、娘になったり、孫になったり、妹ができたりそれから友だちも。

I might have saved your life on the tracks but you know what?

わたしは駅でピーターを救ったけど、でも聞いて。
You really saved mine. あなたたちは私のことを救ってくれたの。
You allowed me to be a part of your family.   みんなはわたしを家族として迎えてくれた。
And I haven’t had that in a really long time. わたしには長いことずっとなかったことなの。

And I just didn’t wanna let go of that.

だから失いたくなかった。
So even though it was just for a little while. それがほんの少しの間だけだとしても。

ひとりぼっちも長すぎると、心を通いあわせるということを忘れてしまうのかも。

それだけに、わずかな間でも家族の一員のように楽しく過ごせた時を失いたくないと思うのは当然ですよね。

“I Love You” に返すコトバ “I Love You Back”

While You Were Sleeping (1995)
Sandra Bullock and Bill Pullman in While You Were Sleeping (1995)

ルーシーはピーターの婚約者でもなんでもなかったとうち明け、また駅の改札員として変わり映えのない生活に戻っていきます。

いつも通り仕事に戻ったルーシーの前にジャックと家族のみんなが改札口にあらわれ、ジャックはルーシーにプロポーズします。

ジャック:

Marry me?  結婚してくれるかい。

ルーシー:

Yeah.     ええ。

ルーシー:

I love you.  愛してる。

ジャック:

I love you back. 僕もだよ。

◎英語メモ

定番の “I Love You” ですが「僕もだよ」と返すときのフレーズとして ”You too.” や “I love you, too.” というのがよくあるパターンです。

映画では “back” を使うことで、よりカジュアルで親密なニュアンスを表わしています。

通常 “back” を使うときは喧嘩を仕掛けられたら「やり返してやる」といったときに使うワードです。

例文:If you hit me, I will fight you back. 殴ったらやり返すぞ。

つまり、劇中ジャックが言ったセリフは「僕もやり返してやりたいほど愛してる」”I love you, too.” よりももっと情熱をこめた気持ちをつたえようとしています。

While You Were Sleeping (1995)
Sandra Bullock and Bill Pullman in While You Were Sleeping (1995)

まとめ

『あなたが寝ている間に』からは映画のセリフで学べる英語フレーズを紹介しました。

“I Love You Back” 「愛してる」の返事としてカジュアルな表現ですが、相手のことをとても大切に思っているという気持ちをあらわしています。

カンタンでつかえやすいフレーズです。

『あなたが寝ている間に』が公開された1995年はヒロインのサンドラ・ブロックも女優として輝きはじめた時代です。サンドラ・ブロックの魅力がひときわ目立つおススメの作品です。

ぜひ、映画をご覧になって英語学習にも役立たせてください。

Amazon.co.jp: あなたが寝てる間に… (字幕版)を観る | Prime Video
シカゴの地下鉄で改札嬢をするルーシー(サンドラ・ブロック)は身寄りのない孤独なシングル・ウーマン。でも彼女には毎朝決まって改札を通り抜けていく憧れの男性がいた。奇跡の到来はクリスマスの朝。不良に絡まれ、線路に落ちて気絶した“彼”をルーシーが間一髪で救出したのだ。昏睡状態でベッドに横たわる彼の名はエリート弁護士のピーター...