生きようとする意志が運を呼ぶ!『ウインド・リバー』映画に学ぶ英語

静かな雪景色 スリラー・サスペンス
Sponsored Ads

張りつめた緊張感の中で生き残れるかどうかを決定するのに理屈はなく、生き抜こうとする意志や気持ちの強さだけが幸運をもたらしてくれる。

映画『ウインド・リバー』にはそんなタフマインドを教えてくれる英会話フレーズがあります。今回は、生きようとする意志が運を呼ぶというメッセージが込められた映画『ウインド・リバー』を紹介します。

ウインドリバー

(C) WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. 出典:IMDb

 

Sponsored Ads

ウインド・リバー プロット

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死 体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は案内役として、単身派遣された 新人 FBI 捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力することに。ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔 離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する・・・・。

ピックアップ・フレーズ

This Is The Land of “You’re On Your Own”

ウインド・リバー (2017)
Graham Greene and Elizabeth Olsen in Wind River (2017)

舞台となるウインド・リバーは、ヨーロッパから来た白人植民者によって多くのインディアン(ネイティブアメリカン)が追いやられてしまった先住民保留地(リザベーション)という全米各地にある土地のひとつである。

FBI捜査官のジェーン自身も殺人現場に一番近いエージェントだったというだけで現場に行くように指令を受けただけだったので、ウインド・リバーの知識もなく、激寒の土地だという認識もなく部族警察署長ベンやコリーたちに軽くあしらわれてしまいます。

現場に困惑しながらも捜査に熱意を感じさせるジェーンに共感したベンはコリーに応援を要請して手探りながらも捜査が始まります。

一行は殺された少女を捜査するうえで被害者の兄がたむろするリトルフェザー兄弟の家を訪ねます。兄弟は札付きの悪だと説明するベンにジェーンは応援を読んだ方が良いのではと言いますがベンは答えます。

This isn’t the land of backup, Jane.  

応援なんて当てにしてちゃいかん、ジェーン。

This is the land of “you’re on your own”.

ここじゃ、自分だけで何とかしなきゃならない。

◎英語メモ:

“on your own”は継続的に自分だけで作業を片付ける意味を表わしています。

劇中での使われ方はまさにそれを表わしていて、ウインド・リバーでは誰かを頼ったところで何も助けにはならない、だから自分自身でやるしかないという感じです。

一方で、同じ「自分だけで」を表わすフレーズに“by oneself”という表現もあります。こちらは、”on your own”のように継続的な作業ではなく、一時的に何かをひとりでやるという時に使います。

例えば、次のような感じです。

I am cleaning the room by myself today.

今日はひとり部屋の掃除をしています。

You Can Not Blink , Not Once, Not Ever

ウインド・リバー (2017)
Elizabeth Olsen and Jeremy Renner in Wind River (2017)

事件の捜査が進むなか被害者に白人の恋人がいたことがわかり、その男は殺人現場からそう遠くない掘削所の警備員だったことを突き止める。

男の名前もわかり、それを知らせようとジェーンはコリーの家を訪ね少し雑談をします。家に飾ってあった家族の写真を見ていたジェーンに女の子は娘で3年前に亡くなったことを話します。

娘はコリーと妻が家を空けていた時に行方不明になり翌朝無残な姿で発見され、そのときに何があったのか分からないままだと悲しげに語り、いつの日か子供を持つかもしれないジェーンに諭すように言います。

You may have kids one day. いつか君に子供ができたら。

You can not blink, not once, not ever. 

決して目を離すな、一度たりとも。

◎英語メモ:

” blink ” 瞬きする 

コリーは娘が亡くなったのは自分が油断したからだと悔いているシーンでのフレーズです。瞬きするなと強い口調でジェーンに言ったのは、自分と同じ思いをしてほしくない、だから決して油断するなと伝えたかったシーンです。

You Survive Or You Surrender

ウインド・リバー (2017)
Elizabeth Olsen in Wind River (2017)

事件の真相がわかり幕を下ろそうというシーンでは、捜査の終盤に負傷し命を取り留めたジェーン捜査官にコリーは助かったのはジェーンがタフだったからだと労います。

ジェーンは自分は運が良かっただけだと言いますが、コリーはそうではないと助かったのは運などではなくジェーンの生きようとする意志があったからこそだと静かに語りかけます。

Well, you know, luck don’t live out here.

いいかい、分かると思うけど、ここには運など存在しないんだ。

コリーが言いたい事は、都会では交通事故だったり、銀行強盗に出くわしたり、歩道で事故に遭わないかなど確かに運が左右するかもしれない。

Out here, you survive or you surrender. Period. That’s determined by your strength and by your spirit.

ここじゃ運なんてものはない、生きのこるか諦めるかしかないんだ。強さと意志こそがものをいう。

しかし、静寂と寒さしかないような環境では生き残れるかどうかは強い意志に掛かっていると言うのです。ジェーンは生き残るための試練に向き合って勝ち残ったからこそ助かり事件も解決できたと優しく話してくれます。

The Japan Times Alpha は、日本語による注釈や解説がついているので楽しみながら生きた英語を学べ、無理なく自分のペースで続けられます。「Life & Culture」に解説されている「シネマ倶楽部」は映画のセリフをとおして英語が学べとてもおすすめです。

まとめ

映画『ウインド・リバー』は実際に起きた事件をベースに作られたようで、事件の真相がわかる程に重く辛い気持ちにさせられます。

けれど、派手に負傷しながらも生存した新人FBI捜査官とハンターとの語らいがあったシーンには救われた気持ちにさせられます。

「生きのこるか諦めるしかない、強さと意思がものをいう」というコリーのセリフがとても重く響きます。

タイトルとURLをコピーしました