家族愛

ドラマ

初デートにもぴったりな映画!『グリーンブック』名言やセリフに学ぶ英語表現

人種差別の色濃かったアメリカ南部でコンサートツアーを慣行した黒人のミュージシャンとその運転手兼ボディーガードを務める白人の物語り。育ちも価値観もちがう二人が旅を続けるうちに互いを認めあう友となっていく様を描いている。映画を通して知的でロマンティックな文章表現や交渉をうまく持っていくトーク術などの英語が学べる。
コメディ

ディズニー新会社の第一弾!米版『フレンチアルプスで起きたこと』原題:Downhill

家族でスキー旅行にきていた夫婦がちょっとした出来事のせいで気まずい関係になってしまう。それを元に戻すことに大苦戦する夫の姿がユーモラスに描かれている。わかりやすい英会話フレーズも魅力的な映画。
ドラマ

中高年のハートを鷲づかみ?『カンパニー・メン』映画に学ぶ英会話

家族的な経営が崩壊し、株主優先、利益優先による巨大なリストラ、そして会社の持ち株価のあがりさがりだけがクローズアップされる現代の経営社会で歯車から外された者たちはどう生き延びていくのだろうか。映画のセリフを通して人生において本当に必要な気持ちとは?を教えてくれる英会話フレーズを紹介。
ラブコメ

温かい心と親子関係が育つ!映画『ラブ・アクチュアリー』

子どもの様子がおかしい。心配する父親に打ち明けた子供の悩みのタネは?! 世の父親は、そんなとき子供をどう励まし、応援するのか。映画の英会話フレーズを通して心温まる親子の理想的な関係を垣間見れる。
ドラマ

泣ける映画の定番!『パーフェクト・ワールド』に学ぶ英会話

1960年代のテキサス。刑務所を脱獄したブッチと相棒のテリーはフィリップと言う子供を誘拐して逃走をつづける。フィリップに危害を加えようとしたテリーを始末し、ブッチとフリップはアラスカを目指す!恐怖に怯えていたフリップだが、ブッチが悪人でないことに気づき、次第に打ち解けていく。
アクション

『ターミネーター:ニュー・フェイト』セリフやインタビューに学ぶ英会話

ビジュアルとドラマの両面で社会現象を起こした『ターミネーター2』の“正統な続編”となる『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、そのアクションシーンや、迫力あり過ぎの爆発シーンなど緊張感ある展開とメッセージ性など見どころ満載です。シーンごと覚えられそうな英会話フレーズも同時に学べます。
アクション

字幕とセリフでリスニングを鍛えよう!『ターミネーター2』に学ぶ英会話

どんなに頑張ってみててなるようにしかならない。最終的に物事がうまく行くかどうかは運しだい。ターミネーターシリーズで毎回テーマとなっている「運=fate」を軸にして劇中のセリフを紹介!
コメディ

『アダムスファミリー』こどもから大統領まで人気の取引に使う英会話

『アダムス・ファミリー』のシュールなノリやテンポは観ていて痛快であり、そこに交わされる英会話もシュールで愛情の感じられるフレーズが学べます。
ドラマ

『ライフ・イズ・ビューティフル』映画に学ぶ英会話フレーズ

友だちや家族とどこかに食事でも行くときに、自分が車を持っていたら「乗せていってあげるよ。」と英語で伝えたい。そういう場合は何て言えば通じるだろう。 映画『ライフ・イズ・ビューティフル』はそんなときに使える英会話フレーズがでてくるので紹介します。
ドラマ

映画『幸せのちから』成功の肝が学べる英会話フレーズ

『幸せのちから』は、2006年のアメリカ映画。事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、クリス・ガードナーの半生を描いた作品である。 原題はアメリカ独立宣言における「幸福の追求」に由来するものである。

タイトルとURLをコピーしました