英字新聞でもトップニュース!沢尻エリカ 合成麻薬で逮捕

手錠 ニュース

沢尻エリカが合成麻薬で逮捕されたというニュースがあちこちから飛び込んできた。化学物質を合成して作った合成麻薬・・・古くからはLSDがそれにあたる。

共同通信英語版でもトップニュースに!

Japanese actress Erika Sawajiri was arrested Saturday on suspicion of possessing a synthetic narcotic, police sources said.

The 33-year-old actress has appeared in a number of films and TV dramas.

For her role as an ethnic Korean girl living in Japan in “Pacchigi!” (We Shall Overcome Someday), directed by Kazuyuki Izutsu and released in 2004, she was awarded the best newcomer award at the Japan Academy Film Prize.

(引用:英字版 共同ニュース@ https://english.kyodonews.net/

警察筋によると、日本の女優、沢尻エリカが土曜に合成麻薬所持の疑いで逮捕された。

33歳の沢尻エリカは数々の映画やテレビドラマに出演してきた。

井筒和幸監督で2004年に公開され、在日コリアンを演じた映画『パッチギ』(いつの日か乗りこえよう)では日本アカデミー賞において新人女優賞を獲得した。

◎英語メモ:

arrested 逮捕された
on suspicion of ~の容疑で
synthetic 人工的な、合成の
narcotic 麻薬
a number of たくさんの、かなりの

ニュースによると、警視庁組織犯罪対策課に逮捕されたのは15日だったようで、「わたしのもので間違いない」と、容疑を認めている。

沢尻容疑者が所持していたのはMDMAという薬物で詳しい経緯はこれから報道されるもよう。

来年はNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」でも帰蝶役が決まっていたというのに・・・見るからに華のある存在で演技もこれから伸びそうだなってときになんとも残念な話である。

麻薬が合法化されている国や地域もあるくらいだから、海外での人生という選択肢も一理あるかも。一方で薬にまつわる事件は海外でも目をつけられるとじっくりとマークされて外堀から埋められていくところが垣間見れる。

まとめ

2007年の映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶での「別に」連発で大きく叩かれ、 そのまま復活することはないのでは?と言われながらも若手女優として順調にキャリアを伸ばしてきただけに実に残念なニュースとなってしまった。

タイトルとURLをコピーしました