どんな作品に仕上がってる?『007』テーマを歌うビリー・アイリッシュ

アクション

フランチャイズ映画として歴史ある『007』シリーズでビリー・アイリッシュの歌う『No Time To Die』がリリースされました。

曲を作ったビリー・アイリッシュの兄フィネアスは映画のテーマソングを担当することへの気持ちを述べています。

今回は、そんな ビリーとフィネアス が語る映画への気持ちや映画監督キャリー・フクナガの感じたビリーとフィネアスへのコメントから英会話フレーズを紹介します。

007 No Time To Die

(c) Universal Pictures
(c) Interscope Records

映画『007』プロット

NO TIME TO DIE | Official Theme Song by Billie Eilish [Preview]

引退したCIAエージェント ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、第二の人生をジャマイカで穏やかに過ごしていた。

すると、ある日のことボンドは旧友から頼みごとを持ち込まれる。それは、誘拐された科学者を助け出してほしいという話だった。

友人からの頼みとはいえ、彼は現役のCIAエージェントであり、依頼を引き受けるということは再び戦いの日々が戻ってくることを意味していた。

主題歌を歌うビリー・アイリッシュとは

映画『007』主題歌を歌うビリー・アイリッシュは今年18歳になる女性シンガー。

両親や兄も俳優・音楽家で一家の影響もあって幅広い音楽を聴いており、囁くような歌声と兄フィネアスと共に作る音楽は今後も注目される存在。

第62回グラミー賞では5冠を達成!

The Best of New Artist of the Year 最優秀新人賞
The Best of Album of the Year 最優秀アルバム賞
The Best of Song of the Year 最優秀レコード賞
The Best of Song of the Year 最優秀楽曲賞
The Best of Pop Vocal Album of the Year 最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞

映画に対する気持ち

名前は知らなくとも声の特徴がとても印象的なビリー・アイリッシュは年齢からは想像しにくい大人びた雰囲気をもっています。彼女の歌う映画『007』のテーマソングを聴いてみましょう♪

Billie Eilish – No Time To Die (Audio)

“No Time To Die”  

ソングクレジット:

  • プロデュース:ビリー・アイリッシュ、フィニアス、ステファン・リプトン
  • オーケストラによるアレンジ:ハンス・ジマー、マット・ダンクレイ

歴史あるフランチャイズ映画として名高い『007』シリーズで18歳という過去最年少でテーマソングを歌うことになったビリー本人はどんな感じだったのかCNNにコメントが掲載されています。

“It feels crazy to be a part of this in every way. To be able to score the theme song to a film that is part of such a legendary series is a huge honor.”

どう考えたってクレイジーなことよ。こんなに名の知れわたった映画のシリーズにテーマ曲を任せてもらえるなんてすごく名誉あることだとおもうわ。

“James Bond is the coolest film franchise ever to exist. I’m still in shock.”

フランチャイズ映画としてジェイムス・ボンドは最高の映画でもあるし、ほんと信じられないわ。

  • フランチャイズ映画とは、ヒット作品のタイトル(ここでいう『007』や『ジェイムス・ボンド』)を元にストーリーや音楽、キャラクターなどいろいろな角度から新しい要素を入れ込んで新しい作品を作り、その売り上げから一定数のロイヤルティを支払う映画作品。

また、ビリー・アイリッシュの兄で共同制作者であるフィネアスはビルボード・ポップ・ショップ・ポッドキャストで次のようにコメントしています。

“We’ve always wanted to write a James Bond theme song”

ぼくらはずっと以前からジェイムス・ボンドのテーマを書きたいと思っていたんだ。

“And you know, it’s a legendary franchise, so we had to convince a lot of people that we were the right choice. And then we had to write a song that everybody liked. So it was a hard-won process.”

ご存じの通り、ジェイムス・ボンドは有名なフランチャイズ作品だけに僕らが作品にかかわることをみんなに納得してもらえるように努力しなきゃならなかったんだ。そしてみんなに好きになってもらえるようにも。だから大変な作業だったよ。

監督キャリー・フクナガの語るビリー・アイリッシュ

ビリーとフィニアスの努力が実ったのかどうかは音楽を聴いた人それぞれに感じが違うことですが、『007』最新作を手掛けた映画監督からは絶賛の声が聞こえてきます。

“Their creative integrity and talent are second to none and I cannot wait for audiences to hear what they’ve brought – a fresh new perspective whose vocals will echo for generations to come”

ビリーとフィニアスの制作にたいするまじめさと才能は類まれなるものがあります。わたしは彼らの作った作品が皆さんに届くのが待ちきれません‐何世代にもわたって響きわたる新鮮で新しい要素であふれる声を聴いてください。

007エンディングフレーズを弾きたい?!

主演のダニエル・クレイグは今作がジェームス・ボンドとして最後になるそうで、最新作はダニエル・クレイグが過去に出演してきた映画の要素がちりばめられているそうです。

それは音楽にも言えて、ビリー・アイリッシュの歌う映画のテーマは曲の終わりに過去の007映画シリーズに欠かせない決めのフレーズがあります。 

それは 「マイナー9メジャー7」 というコードネームです。

音楽は幾つかの音がかたまって鳴り響くコードと呼ばれるものがあります。『007』で使われているコードの響きがとても特徴があって聴けばだれでもわかるような響きを持っています。

コードにはそれぞれ名前がついていて『007』のエンディングに出てくるタイプが「マイナー9メジャー7」というコードです。

ジュリアン・ブラッドリーというイギリスのミュージシャンが彼の動画で 「マイナー9メジャー7」 と『007』を掛け合わせて上手に実演してくれています。

MELODIC MINOR SCALE LESSON (Jazz Piano)@1:58

MELODIC MINOR SCALE LESSON (Jazz Piano)
往年の007映画テーマ曲を実演してくれています♪

まとめ

4月10日に上映される映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

予告を観ているだけでも壮大なスケール感が伝わってきます。テーマを歌うビリー・アイリッシュの歌声がまた映画をしっとりと色づけて、さまざまな場面を印象付けてくれることでしょう。

 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました