音楽

スポンサーリンク
音楽

『ボヘミアン・ラプソディ』オーディションに効く自己PR

Queenのフレディーマーキュリーはパフォーマーとして自身の夢をかなえるためバンド仲間や音楽業界の大物マネージャーに自分を売り込みます。本記事では、オーディションにおいてどう英語で自己PRするかが学べます。
ラブコメ

映画『イエスタデイ』マニアックな知識を披露?!

ある日突然に自分以外の誰もビートルズの存在を知らないという状況が生まれ、うる覚えで演奏したビートルズの曲が大うけしてしまう。瞬く間にポップスターへと祭り上げられてしまった主人公ジャックはいつバレるんじゃなかとびくびくしながらもヒットを連発していくなかで交わされる英会話フレーズを紹介。
映画

Suit Yourself 映画『クロスロード』セリフに学ぶ英会話 

何を聞いても肩すかしな返事ばかりだと「それじゃお好きにどうぞ。」と突き放したくなるのも分からなくはないですよね。 これを英語にするとたった2語"Suite yourself."で表現出来てしますのでイラッとしたときに使ってみてはいかがでしょう。
ドラマ

『once ダブリンの街角で』アカデミー賞受賞コメントに学ぶ英会話

映画『once ダブリンの街角で』アカデミー賞 歌曲賞を獲得した主題歌“Falling Slowly” しかし、男が喋りすぎたのか女の挨拶はカットされてしまう。後味のわるさが残るものの、MCの粋な計らいで女のスピーチも無事に聞くことができた。2人に共通しているのは夢に対する純粋な気持であった。
ドキュメンタリー

タワーレコードの偉業!ドキュメンタリー「All Things Must Pass」に学ぶ英語

米国タワーレコードの栄枯盛衰を描いたコリン・ハンクス監督のドキュメンタリー映画 成功も失敗も経験した創業者ラス・ソロモンの語る「楽しいこと悲しいこと其々あるけれど、それらは永遠ではない。だから、常に前を向いていこう!」が悲しくもあり希望でもある。
映画

エルトン・ジョンの映画「ロケットマン」:インタビューで学ぶ英会話フレーズ

話題の映画最新作についてインタビューをうける役者からピックアップした英会話フレーズを紹介
音楽

英語は耳コピで覚えよう!

映画に出てくるわかりやすい英語フレーズに習って英文を組み立て、英会話を楽しもう!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました