ドラマ

スポンサーリンク
ドラマ

『フォーカス』映画のセリフに学ぶプロとしての仕事とマインドセット

『フォーカス』映画は、主人公のセリフのなかで詐欺師というプロとしての仕事とその心構えが描かれている。本記事では、実際のビジネスや人生において使える英語フレーズを紹介。また、映画は鮮やかな詐欺師としてのテクニックと同時進行で男女のロマンティックコメディとしても面白い作品。
ドラマ

『ベストキッド 』 カタコト英語から学ぶミヤギ先生の名言!

『ベストキッド』 カタコト英語でも名言として伝わる英語フレーズを紹介。何かを学ぶとき、はじめに肝に銘じておく大切なことは何か?ということをカラテの先生ミヤギから教え子ダニエルに教えるシーンがとても響きます。
ドラマ

『すべてをあなたに』ベースプレイヤーのカッコいいソロと英語フレーズ

『すべてをあなたに』は、映画のワンシーンでベースプレイヤー、ウルフマンが軽々とベースソロを弾きだすシーンがあります。その時にみせるベースプレイヤーの余裕と気持ちを表した英語のフレーズを紹介。トム・ハンクス初監督作品で、1960年代の雰囲気と音楽がたっぷり楽しめます。
ドラマ

『はじまりのうた』歳を重ねるごとに心にひびく名言を英語で!

『はじまりのうた』心にひびく名言として、音楽の持つトキメキは何気ない風景や事がらを輝かしいものにかえて見せてくれるというセリフ。そして、ひとは歳を重ねるごとにその輝きに気がつかなくなっていくという寂しい気持ちを表した英語フレーズを紹介。
ドラマ

『ハドソン川の奇跡』ラストのセリフにホッとするユーモアのある返し

『ハドソン川の奇跡』緊張感あふれる展開ながらラストのセリフはユーモアのある返しがありホッとさせらる。突如起きた事故に遭い絶体絶命の状況にあった飛行機をハドソン川に不時着させ乗客乗員155名を救ったサリー機長。英雄として賞賛されたサリーだったが事態は思わぬ展開に…。
ドラマ

「老人と海」挫けそうなときに効く名言に学ぶ英語フレーズ

世界的なベストセラーになり40カ国以上で翻訳されたアーネスト・ヘミングウェイの作品。本作の名言を解説するにあたって、1958年に公開された映画『老人と海』から作品のあらすじ、英語のセリフそして感想をまじえながら作品から読み取れる名言を紹介します。
ドラマ

リズム感を身につけよう!『サウンドオブミュージック』セリフに学ぶ英語

ミュージカル映画『サウンドオブミュージック』に登場する「ドレミの歌」やセリフをお手本にして英語の持っているリズム感を身につける。最初に意味が分からなくとも英語の歌を覚えて音だけでも口ずさめるようになってくると英語を話すときのリズム感も身についてきます。
ドラマ

アクセントの違いが面白い!実話を映画化した『ブラッククランズマン』に学ぶ英語

実話をもとに映画化した作品『ブラック・クランズマン』テーマはシリアスな人種問題を扱っている。しかし、映画は人種問題にかけて英語の発音(アクセント)のしかたについてもストーリーを盛り上げていくためのひとつの要素になっている。本記事は英語のアクセントにフォーカスした記事である。
ドラマ

『ラストターゲット』を彩る3カ国の女優:いろいろな英語が聞ける

『ラスト・ターゲット』でジョージ・クルーニーは渋い演技でストーリーをけん引していきます。そして共演したヨーロッパ女優の三人イリーナ、クララ、マチルデは主演ジョージ以上に存在感があり映画の魅力をひきだしています。英語圏以外の英語がどのように話されるというところも映画の魅力です。
ドラマ

アルコール依存症パイロットの語る自由とは?『フライト』映画に学ぶ英語

映画『フライト』は、飛行機事故という大惨事を題材にパイロットとして一流の腕をもちながら、アルコール依存症に苦しめられているウィトカー機長がウソで固めて生きてきた人生をどうふり返り、アルコール依存症をいかにして克服したのかが描かれている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました