Advertisement
スリラー・サスペンス

怖いだけではない魅力!『シックス・センス』セリフや名言に学ぶ英語

『シックス・センス』では、映画のセリフや名言をとおして英語学習ができる。ホラー映画の緊張感ある怖いシーンとヒューマンドラマならではの泣ける要素がバランスよく盛り込まれていて観るほどにストーリーにひき込まれていく。ラストの展開には誰しもが驚く。
アクション

『ダーティハリー』映画のセリフや名言に学ぶ英語フレーズ

映画『ダーティハリー』を通してセリフや名言に学ぶ英語フレーズを紹介。『ダーティハリー』は、スリリングなアクションだけでなく、英語学習に役立つセリフが随所に出てきます。映画で英語を学ぶメリットは、劇中のシーンからネイティブがどう英語を発音し使うのかを楽しく学べるところ。
コメディ

『チャーリーとチョコレート工場』セリフに学ぶ英語/冷えた心にしみる映画

『チャーリーとチョコレート工場』は、映画をとおして日常で使える英語から少しかわった言い回しまでさまざまな英語がセリフから学べる。映画は親子愛がテーマになっていて、おっかなびっくりするシーンはあるけれど小さな子供から大人まで楽しめる。
スリラー・サスペンス

ヒッチコック『裏窓』映画の予告編に学ぶ英語フレーズ

ヒッチコック『裏窓』をつかい、映画の予告編をとおして学べる英語フレーズを紹介。映画やドラマで英語を学ぶことはメリットが大きいが、中学高校で習う英語をおさらいしておくことが重要。映画やドラマのストーリーを前もってインプットしておくと更に理解も深まる。
ドラマ

『アリースター誕生』映画のセリフや名言に学ぶ英語フレーズ

『アリースター誕生』映画からレディ・ガガのセリフやアカデミー賞受賞スピーチでの名言を紹介。映画からはふたつの英語フレーズが学べる。ひとつは、落ち込んでいる仲間を元気づけるときの言い回し。もうひとつは、夢をめざすきもちや感謝ををつたえる英語。
スリラー・サスペンス

Fed Up With(うんざりする)の使い方がわかる!映画『欲望/Blow‐Up』

映画『欲望/Blow‐Up』から英語フレーズ"be fed up with"(うんざりする)を紹介。『欲望/Blow‐Up』では、セリフを通して"be fed up with"(うんざりする)をネイティブがどう話すかその使い方がわかる。
コメディ

多様性あるチームが魅力!『インターンシップ』映画の名言に学ぶ英語

多様性あるチームワークが描かれた映画『インターンシップ』映画のセリフでは、名言や世代間の違いをよく表している英語フレーズがある。年齢や知識からいっても大きなハンディがあるチームが団結して何かをなし遂げる姿は現代のアメリカンドリームと言える。
ドラマ

世の中には二種類の人間がいる 『ドクトル・ジバゴ』映画に学ぶ英語

世の中には二種類の人間がいる…これは英語ではなんて言えばよいだろう。映画『ドクトル・ジバゴ』の名言にピッタリなフレーズがあるので紹介。第一次大戦やロシア革命を背景にした『ドクトル・ジバゴ』をとおして、世の中には二種類の人間がいる…つまり、自分の考えだけにとらわれてはいけないという意味の英語フレーズが学べる。
スリラー・サスペンス

『デジャヴ』映画をとおして英語の使いかたや意味を学ぼう!

「デジャブ」とは、初めてのことなのになぜか馴染みがあるという不思議な現象を英語であらわしたもの。本記事では、映画『デジャブ』のセリフや場面解説をとおして英語フレーズである「デジャブ」の使い方や意味を紹介。
ドラマ

人生の”きらめき”とは?『天使のくれた時間』名言に学ぶ英語

『天使のくれた時間』セリフや名言をとおして英語フレーズを紹介。自分の人生にとっていちばん大切なことは何なのか?楽しかったり、悲しかったり、悩んだりといろいろな”きらめき”を見せてくれるジャックとケイトそしてキャッシュが魅力的。
Advertisement
タイトルとURLをコピーしました