ドラマ

青春映画『アメリカン・グラフィティ』ウルフマンの一言に学ぶ英語

『アメリカン・グラフィティ』D.J.ウルフマン・ジャックの一言は悩んでいたひとりの青年が前進できるよう導いてくれる。1962年の若者たちが抱く不安と期待など青春のハイライトを描いた映画。本記事では青春映画をとおして学べる英語フレーズを紹介。
スリラー・サスペンス

ん?前に同じことがあったような!『12モンキーズ』セリフに学ぶ英語フレーズ

『12モンキーズ』映画のセリフや名言に学ぶ英語フレーズを紹介。「あれ?これって前に同じことがなかったっけ?」というデジャブを英語でどう表すかや「ボヤいたところであとの祭りだよ」といった表現が英語で学べる。
映画

学びのプロセスは同じ!スポーツ映画のセリフや名言に学ぶ英語フレーズ

スポーツ映画のセリフや名言から、先の見えない状況でもチーム一丸となって考え抜いたときに浮かぶ勝利への「ひらめき」を描いたスポーツ映画を紹介。英語学習のモチベーションにもなり、スポーツ映画同様、諦めずに学び続けることは、自分の能力以上のチカラを発揮させてくれる。
アクション

マッドマックス 怒りのデスロード セリフの英語がかっこいい!

『マッドマックス怒りのデスロード』では、響きのかっこいいセリフの英語がいくつか出てくるので紹介します。映画のセリフに出てくる英語をとおして覚えると記憶に定着しやすいです。加えて英語のリーディングやリスニングのトレーニングにもなります。
ロマンス

『ジョーブラックをよろしく』名言:相性の良さが伝わる英会話

同性でも異性でも出会ったばかりなのに「あ、このひとフィーリングあうかも?」と感じたことってありませんか? 今回紹介する『ジョーブラックをよろしく』は、ま...
ドラマ

『ライフ・イズ・ビューティフル』映画に学ぶ英会話フレーズ

友だちや家族とレストランに行くときに自分がクルマをもっていたら 「乗せていってあげるよ。」 と気を利かせたいところ。 さて、「乗せていってあ...
音楽

『はじまりのうた』歳を重ねるごとに心にひびく名言を英語で!

『はじまりのうた』心にひびく名言として、音楽の持つトキメキは何気ない風景や事がらを輝かしいものにかえて見せてくれるというセリフ。そして、ひとは歳を重ねるごとにその輝きに気がつかなくなっていくという寂しい気持ちを表した英語フレーズを紹介。
音楽

『すべてをあなたに』ベースプレイヤーのカッコいいソロと英語フレーズ

『すべてをあなたに』は、映画のワンシーンでベースプレイヤー、ウルフマンが軽々とベースソロを弾きだすシーンがあります。その時にみせるベースプレイヤーの余裕と気持ちを表した英語のフレーズを紹介。トム・ハンクス初監督作品で、1960年代の雰囲気と音楽がたっぷり楽しめます。
音楽

派手なギターバトルを聴くならこれ!映画『クロスロード』

映画『クロスロード』は、1980年代にハードロックやヘビーメタルといった音楽がトレンドだった時代の映画。タイプの違うふたりのギタリストがくり広げるギターバトルのシーンが圧巻!映画は有名なクラシックやブルースの曲をギターをとおして音楽のカッコよさが堪能できます。
スリラー・サスペンス

ミステリアスなキム・ノヴァクが魅力的!ヒッチコック『めまい』  

ミステリアスなキム・ノヴァクの好演がストーリーをひき立たせるヒッチコックの名作『めまい』。高所恐怖症の元刑事スコッティは友人から妻マデリン(キム・ノヴァク)を調査してほしいと頼まれる。だが、調査を続けるにつれ、スコッティは次第にマデリンに魅せられていく。